ShopMy NTS
Live now

Live on 1

Live on 2

Japanese Jazz Week: Ryo Kawasaki Special

Tokyo, 04.05.21

Focus on Ryo Kawasaki

Ryo Kawasaki was a Japanese jazz fusion guitarist, composer and band leader, best known as one of the first musicians to develop and popularise the fusion genre. During the 1960s, he played with various Japanese jazz groups, and also formed his own bands. In the early 1970s he moved to New York City, where he settled, working with the likes of Gil Evans and Chico Hamilton. He eventually relocated to Estonia, where he passed away in 2020.

This show takes a 2 hour trip through some of his releases.

初回は、川崎燎特集です。川崎燎は日本を代表するジャズフュージョン・ギタリストであり、作曲家、そしてフュージョンというジャンルを開拓した第一人者の一人として知られています。1960年代にはさまざまな日本のジャズバンドでプレイし、自身でもバンドを率いていました。1970年代初頭に渡米し、ニューヨークに居を構えながら、ギル・エヴァンスやチコ・ハミルトンなどのグループで活動。2000年以降はエストニアを拠点を移し、2020年に死去しました。今回は、川崎燎が手がけたいくつかの楽曲を2時間に渡りお届けします。Translated by Satoko Akune.

Tracklist